思春期も大人もできるにきびの仕組みとは

にきびは思春期にできても、大人になってからできても、毛穴の入り口が詰まってしまうことで起こります。原因となる皮脂の分泌が活発になる原因として、思春期になると、皮脂の分泌が増えるため、特にTゾーンで起こりやすくなります。

さらに、思春期で特に多く分泌される男性ホルモンも大きな影響の一つです。大人でも、ストレスなどで分泌を増やしてしまいます。

さらに、皮膚の角化も促してしまう働きがあります。過度な緊張や疲労、睡眠不足、ストレスなどは、自律神経に変調をきたし、さらに交感神経と副交感神経のバランスを崩し、脳下垂体から副腎皮質ホルモンが多量に分泌されて、男性ホルモンの分泌が高まると同時に、皮脂の分泌も増えることになります。

女性の場合、生理前に分泌する黄体ホルモンの分泌によって、にきびができやすくなって、さらにすでにできているものも悪化させやすくしてしまいます。にきびのおおきな原因となる毛穴が詰まってしまう原因として、新陳代謝の低下や、ホルモンの影響等で、肌の表面を硬くし、毛穴付近のターンオーバーを正常に行えなくなってしまうことです。さらに、過剰な刺激などによっても、角質を硬くし、皮脂をつまりやすくしてしまう原因となります。

にきびは、皮膚の病気の一種のため、放っておくと痕となって残ってしまうこともあるため、適切なケアと治療をする必要があります。痕になって後悔しないように予防し、出来てしまったらしっかりと治療することが大切です。