思春期も大人もできるにきびの仕組みとは

にきびは思春期にできても、大人になってからできても、毛穴の入り口が詰まってしまうことで起こります。原因となる皮脂の分泌が活発になる原因として、思春期になると、皮脂の分泌が増えるため、特にTゾーンで起こりやすくなります。

さらに、思春期で特に多く分泌される男性ホルモンも大きな影響の一つです。大人でも、ストレスなどで分泌を増やしてしまいます。

さらに、皮膚の角化も促してしまう働きがあります。過度な緊張や疲労、睡眠不足、ストレスなどは、自律神経に変調をきたし、さらに交感神経と副交感神経のバランスを崩し、脳下垂体から副腎皮質ホルモンが多量に分泌されて、男性ホルモンの分泌が高まると同時に、皮脂の分泌も増えることになります。

女性の場合、生理前に分泌する黄体ホルモンの分泌によって、にきびができやすくなって、さらにすでにできているものも悪化させやすくしてしまいます。にきびのおおきな原因となる毛穴が詰まってしまう原因として、新陳代謝の低下や、ホルモンの影響等で、肌の表面を硬くし、毛穴付近のターンオーバーを正常に行えなくなってしまうことです。さらに、過剰な刺激などによっても、角質を硬くし、皮脂をつまりやすくしてしまう原因となります。

にきびは、皮膚の病気の一種のため、放っておくと痕となって残ってしまうこともあるため、適切なケアと治療をする必要があります。痕になって後悔しないように予防し、出来てしまったらしっかりと治療することが大切です。

にきびは触りすぎが悪化を招く

皮膚にぽつっとした膨らみが出来、赤みを伴ってしまったり、痛みを伴うこともあるにきび、メイクでもなかなか綺麗にカバーできず、皮脂分泌が過剰となってしまいメイク崩れを起こしてしまうなど、肌が汚く見えてしまうトラブルなので、真剣に悩む女性も少なくありません。

最近では、ドラッグストアやインターネットでも、専用のスキンケアコスメが数えきれないほど登場しているので、手当たり次第に試している方も多いようです。しかし、こういった、手のかけすぎケアが、かえってにきびを悪化させてしまっていることも多く、醜い跡残りを誘発していることもあるのです。

にきびが出来ている患部は、とてもデリケートな状態となっています。この揺らぎやすい肌に、色々な刺激を与えてしまうと、かえってダメージとなって蓄積されてしまい、肌自らが回復しようとする力を妨げてしまうことにもつながりかねません。基本的に、敏感な状態の肌には、極力刺激を与えずに、必要とされる美容成分だけを届けてあげるケアが最適で、これを叶えてくれるのがオールインワンゲルです。

オールインワンゲルの中には、添加物を一切含まず、肌に刺激となってしまう成分を排除し、厳選された保湿成分のみを凝縮しているものも多く、にきびケアとしては最適です。

植物由来の消炎作用効果のある成分が入っているものも多く、ダメージを蓄積してしまった肌を修復しつつ、強化していくことが出来るので、使い続けるうちにきびの出来にくい健康的な肌になれます。

にきびは早期改善が重要です

肌トラブルの中でも、不潔っぽく見られてしまいがちなにきび、最近では大人の女性もこの肌トラブルに悩まされており、様々なメーカーから専用のスキンケアコスメが開発されています。

大人の肌にできるものは、思春期の肌にできるものとは違って、様々な要因が複雑に絡み合ってできているので、ただ洗顔をして肌の脂分を取ったからといって、治るわけではなく、かえって乾燥を進めてしまい、悪化させてしまうことも珍しくありません。

大人にきびには、専用のスキンケアアイテムを使ってお手入れをすることが大切で、保湿に力を入れたケアをするようにしましょう。しかし、そういったお手入れを行っても、なかなか治らない、炎症したものが出来てしまう、痛みを伴っているような場合には、即刻皮膚科でのにきび治療に切り変えましょう。

進行した状態になると、抗生物質などを服用し、身体の中からも働きかけないと、醜い跡となって残ってしまいやすくなるので、さらに新たな肌トラブルを抱えてしまうことにもつながりかねません。

特に美容皮膚科であれば、保険内でできる投薬治療に加えて、保険外の美肌治療を組み合わせて行えるので、今、肌の上にあるにきびにダイレクトにアプローチできるので、跡残りさせることなく綺麗に治してくれます。
にきびは、肌の上に長期間居座れば、黒ずみなどの色素沈着にもなりやすく、その後なかなか消えません。できるだけ早めに適切な処置を受けることが、美肌を守るカギを握っているのです。